読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちくさ

名古屋を中心にぶらぶら道草。8割カフェ2割私事。

VILLAGE VANGUARD DINERさん 下北沢


こんにちは。ゆるりです。

つい最近、岡山の倉敷のゲストハウスにお邪魔させて頂いたり、東京で企業説明会の方に参加させて頂いたりと、様々なご縁に巡り会っております。様々な人に出会うことで、色んな発見があり、日々刺激をもらっています。

今回は、その時、東京でお邪魔になったVVのハンバーガー店を紹介したいと思います。(名古屋じゃなくてすみません。)


f:id:yuruli39:20160624204248j:image

VVは名古屋に本店があります。植田駅が最寄りですが、全然近くありません笑 そのVVが東京の方で飲食店を展開していると言うことで、これは行かないわけにはいきません。ちなみに岡山でも倉敷のVVに行ってきました。もちろん下北沢にあるVVも。

さすがVVが運営していることもあり、入口から早速、遊び心満載の店構えですね。ハンバーガーの椅子に座りたくなる気持ちを抑えながら店内へ。

f:id:yuruli39:20160624204646j:image

ものすごく分かりにくいですが、入口の様子です。左側が入口になります。アメリカンたっぷりな様子で、扉の横には「Don't walk」 の看板が。歩くのではなく飛び込めってことですね^^


f:id:yuruli39:20160624205625j:image

f:id:yuruli39:20160624205647j:image

f:id:yuruli39:20160624205709j:image


店内はカウンターに数席とテーブル席が8ー10個くらいだったかな。お昼時でもスタッフの数は3ー4人で、少し混んできたときはあたふたと忙しそうでした。お店の雰囲気はやはり全体的にアメリカチックのムードを醸し出してて、ハンバーガーを豪快にむさぼりたくなる感じでした。スタッフさんは愛想よくて対応もよかったです^^


f:id:yuruli39:20160624210336j:image


f:id:yuruli39:20160624211414j:image


メニューにVVバーガーセットがあったので、迷わずこちらを注文。ハンバーガー自体は、アツアツとまではいきませんでしたが、程よく食べやすい温度で、個人的には問題なしでした。お肉も粗挽きで食べ応えがあり、ボリュームもあって文句なしです。ミートソースも美味しく、こぼれたミートソースはポテトにディップして頂きました。テーブルにはマスタードとケチャップもおいてあるので、好みに合わせて食べてみてははどうでしょうか。価格も1000円ちょいで、最近のこだわりハンバーガー店の中では平均価格でコスパも申し分ないと思います。アボガドなどのトッピングも追加でできると思うので、お金に余裕があるかたは、自分好みのハンバーガーをカスタマイズしてみるのも楽しいと思います。また、ロシアンバーガーや他の料理、お酒も揃っているので、友達と来て盛り上がったり、夜にバー感覚で利用してみるのも良いかもしれません。



ではではあでゆ。